はじめに

最初に「当ブログの注意点」をよく御覧ください。
アメブロもあります。「医師水野のアメブロ」

2015年6月13日土曜日

肉といえばSPI!

またまた医療は関係ない回です。
フリィーーダァーム!


今回はSPI(佐野プレミアムイタリアン)について。

記念すべき第1弾です!




今回以外の、SPIさんに関する色々は目次編をどうぞ!

SPIさんの目次編!



今朝から朝はコーヒーだけにしてみている今日この頃。
ますます夜の動物性蛋白質(肉)の重要性が私の中で増しています。
糖質制限といえば肉は重要です。


よく言われます「お肉ってお高いんでしょう?」


普通の半値くらいでゲットできる方法があります。
卸さんから直接買えばいいんです。
そりゃ安い!

という事で、私のとっておきをご紹介致します。
いや、本当は肉を買うライバルが増えてしまうので紹介しようか迷ったくらいです。
広めたい、でもライバルが増える、という(笑)

それでもやっぱり「肉高い」という声を耳にするたびに、やはりブログで取り上げようそう思いました。


またブログで紹介するにあたり、SPIの三神さんにも快諾頂きました。
三神さん、ありがとうございます!



という事で!

良い肉を安く買うならSPI。コレ。

SPIって何?!となるでしょう。

SPI(佐野プレミアムイタリアン)さんは、本業は大口和牛卸です。

そこから直に買うことができるなら、卸売価格でゲットです。
お安いです。

しかも!

とっても質がいい肉をゲットです。
運が良ければ、ブランド牛のランプやイチボなどのあまり出回らなくない部位のお肉もゲットできます。



そんな上手い話があるの?

あるんです。激ウマです。
もちろん注文して届く物も、激ウマです。


SPIを取り仕切っている(代表取締役の)三神さんには実際に会ってもいます。
倉庫も見ました。肉だらけです、まさに肉天国でした。

三神さんは、最初、Facebookでゴツい感じの写真しか見ていなかったのでゴツい方のかな、と思っていたら、めちゃくちゃ良い感じの方でした。
この人なら大丈夫、そう思える方です。


またご新規さんのみが注文できるような、ご新規さん優遇キャンペーンもあります
さすが三神さん!


さてその激ウマな話、もちろん注意点があります
ルールを守りましょう、という事です。


SPIルール等について。


1.まず注文はFacebook経由のみ。

ホームページはあります。前は注文を受け付けていましたが業務効率化のため現在はFacebookからのみの注文になっています。

佐野プレミアムイタリアン・ホームページ
http://sano-pi.com

ホームページにも注文はFacebookからのみ、となっています。

ホームページ下にさりげなく載っている会社概要にも分かるように、息子さんがアトピーになったのをきっかけに現在のSPIの形となっています。まさに食の安全に気を配ってらっしゃいます。

Facebookへのリンクが貼ってありますのでクリックしてみましょう。
佐野プレミアムイタリアン、Facebookページ
https://www.facebook.com/pages/佐野プレミアムイタリアン/258036534244137?ref=bookmarks



さて、注文方法はシンプルです。

「コメントするだけで注文完了。新規の方は送り先をメール下さい」

これだけです。


さくっと注文できます。

そのコメントで、三神さんからの「いいね」がつけば買えた、という事です。
逆に三神さんからの「いいね」がつかなければ、その前に売り切れてた等で、買えなかったという事です。


「メール下さい」、はFacebookのメッセンジャーでのコメントの事です。
Lineみたいな外見のアレです。そこに送り先をコメントします。

すると着払いとか、振込とか支払い方法について返事が来ます。
もしくは、最初の売り出しの投稿に支払い方法が書いてある場合もあります。


さて、これからSPIルールの真髄。


2.質問は常連さんが答えてくれます。

以前は三神さんが直接答えていましたが、ご新規さんが増えるとともに三神さんご本人がおっしゃる様に「脳味噌パンク」で、そればかりに手が取られるようになってしまいました。

という事で、それまでも答えてくれていた常連さん達にお任せする方式となっています。
これでご新規さんもSPIルールを熟知した常連さんに、質問へのバッチリな答えがゲットし、三神さんの負担も減りました。


心にとめておいて欲しいのは、SPIは通常の小売店ではない、という事です。
SPIの本業は大口の和牛卸です。小売は趣味と善意でやってくださっています。
三神さん曰く「同じ事ばかりしていると飽きるでしょ」との事。なるほどなぁと思いました。


そして、常連さん達も三神さんを理解し、親切な方が揃っていますので、質問にはやさしくバッチリ答えてくれます。


3.注文は基本お任せ

やってしまいがちなのは注文時に、「あれはありますか?」「これって何ですか?」「この肉を何kgで」という事です。

繰り返しますが基本的に卸さんです。通常の小売ではないのです。

そして「安くて質が良い」なら皆、飛びつきます。
そりゃもう飛びつきます。

するとどうなるか?
訊いているうちに売り切れます。
速攻で売り切れます。
常連さんでもゲットできない事が良くあるくらいに売り切れます。



常連常識1
訊いてる暇があるなら、即注文!


SPIから販売告知

即「1つ、ください」

これです。

逆に「この条件のものを〜」とか書いている間に売り切れます。
光の速さで売り切れます

だって、安くて質が良いのです。皆欲しいものがかぶります。
早い者勝ちですので、欲しい場合は即コメントです。
これが良い肉ゲットの唯一の道です。


何がくるか、どれくらいくるかわからない?
慣れましょう(笑)

肉の場合はそもそも、どれくらい仕入れがあるのか三神さんにも分からない場合も多々あります
卸とは、そういう物なのです。受け入れましょう

「どんなのがくるかな?」とワクワクするのもSPI注文の楽しみの1つです。



常連常識2
肉は不定貫

卸では肉は不定貫が常識です。
何kgという大雑把な目安はありますが、実際はバラつきがあります。

え?
肉のkgがきっちりわからないの?

そうです。これが卸の常識。
なぜなら、小売のような細かく切って加工してある肉ではなく、塊肉だからです。
どーんとばーんと、でっかいkg単位の塊肉に数十〜数百gなんて誤差なのです。

そもそも、スジや牛脂部分がついているので、食べる際には筋取り(お掃除といいます)などをしてから食べる、という流れになります。

塊肉は、通常の焼いて食べる部分と、スジその他の部分に分かれますので、調理方法も変わってきます。

上記の肉のお掃除の仕方で、スジがどれくらいになるかも変わってきます。
私はどちらかというとスジをしっかり取る派です。スジは冷凍してとっておき、後日、牛すじ煮込みなどにしています。



常連常識3
専門用語はまずググる
次に常連さんに訊く。


グリムキって分かりますでしょうか?
例えば以前のSPIさんの投稿にこんなのがあります。
「写真鹿児島黒牛5番ヒレ肉です。SPIヒレ肉はグリムキ状態、輪切りして薄皮剥いて焼くだけです。素人私が焼いても超高級ステーキやさん並みに美味しいです。」

そのまま切って食べられる、という私達に馴染みのある状態です。

では、グリムキではない場合はどんなのでしょうか?
塊肉です。どーんと来ます。真空パックになっています。
国内産和牛は基本的には凍っていません。真空パックの生状態。

たまに仕入れ元で凍ったものが回ってきます。
良い肉ゲットのチャンスです。私なら即買いです。

当然、海外の肉は凍っています(シャロレーなど)。

真空パックで肉がとどいたらどうするのか?
まず筋取り(お掃除)をします。


やり方が分からない?
当然です。
普通は知るわけがありません。

そこでグーグル先生です。
動画まであります。
例えば、Googleで「イチボ お掃除」で動画検索しましょう。

Google「イチボ お掃除」検索画面

色々、動画が出てきます。
一目瞭然です。

他にも色々検索しましょう。
例えば、「素人が牛肉を捌いてみた」というまんまなページも見つかります。

素人が牛肉(リブロースブロック)を捌いてみた

分かりやすいですね。
動画やホームページを作ってくれている方々にも感謝です。


え、捌いた後はどうするの?
食べきれるなら食べきってください。
でも人数いないと当然、食べきれません。

私は届いたら、速攻で、捌いて真空パックにして、冷凍庫にINです。
真空パックはパナソニックのにしています。安心のパナソニック。

ついでに冷凍庫(375L)も最近買いました。
これでデカイ肉も遠慮なく頼めます。ふふふのふ。

またデカイまな板と、デカイ牛刀も買いました。
これで肉さばきがはかどります。

また「ストウブ」という一流シェフが使うフライパンや鍋もゲットしました。
肉がふんわり焼けます。
「肉がふわり焼ける」って意味がわからないと思いますが、まさに「ふんわり」やけます。焼いても固くなりません。柔らかいまま火が通ります。
鍋やフライパンでここまで変わるのか?!と思う程です。
目からウロコでした。

このように肉好きが高じると、こういう道をたどります。

さらに上級者は、スライサーを買ったり、ついになんと!
お店を開いた方もいます。すごい。



常連常識4
押し売り協力を惜しまない。
おまけがあるかも?!


どこかで売れなかったので三神さんの販売力をアテにSPIで売ってちょうだい、とSPIに回ってくるものがあります。これが「販売協力品」。

押し売りの場合は大体、「販売協力品」的コメントがついています。

といっても、これが侮れない。
普通に美味しいものが売りに出ます。
何なら販売協力品も、即効で売り切れる場合がよくあります。
私でも先日も販売協力品をゲットできなかった位です。

さて、販売協力品に協力すると、良い肉などの優先購入権などのおまけがもらえる場合があります。とはいえ、これはおまけです。

三神さんは誠実な方なので善意には善意で返してくれます。
協力すると何かしらのバックをしようとしてくれます。ありがたや。


どれが販売協力品なの?

どれが販売協力品か分からない、という声もありました。
販売協力品も安心SPIクオリティですので、普通に皆が欲しがります。
よって販売協力品でないものと同様に、速攻で売り切れる事が多いです。
よく見ると、売り出しの投稿に「販売協力品」的な内容が少し書いてあるので、それで判断します。


常連常識5
まとめ。
信用買い。細かい事は言わない


色々書いて来ましたが基本はここに集約されます。
SPIを信頼して買います。
良いものが安くどーんと来ます。

そしてそれを楽しむ。
細かい事はアレコレ言わない。

それに尽きます。

善意と趣味でやってくれている小売です。
日本中をさがしてもSPIしかありません。
気持よく続けてもらうにはコレです。

ええ、私の肉生活がかかっているので大変重要です(笑)


皆さんもこのSPIルールに合う方は、素晴らしいお肉生活ができるでしょう。

そして冷凍庫や、真空パックなどが欲しくなります。



さて、今回はざっとSPIさんについての解説でした。

次は、いざ買う!という時のための実践編です。



SPIさん編、第二弾。

今から始めるSPI!







0 件のコメント:

コメントを投稿