はじめに

最初に「当ブログの注意点」をよく御覧ください。
アメブロもあります。「医師水野のアメブロ」

2015年6月6日土曜日

ビルズ風卵料理ほか

よく蛋白脂質食(糖質制限食)で言われるのが「何を食べたら良いか分からない」です。

逆にそれだけ糖質ばかりの食事をしていたという事です。
今から思うと背筋が寒くなります。

少し前の朝食の主役だった「ビルズ風スクランブルエッグ」について紹介します。
作っているうちにアレンジが入り原型から離れるのは私仕様です。

元のしっかりしたレシピはグーグル先生が教えてくれます
詳しく正しく知るにはそちらを参考にしてください。

こちらでは雰囲気をお伝えします。
ええ、あくまで雰囲気としてお楽しみください。

という事で、「ビルズ風スクランブルエッグだったもの(過去形)」について。


<レシピのようなもの(1人分)>

・卵:2個

・生クリーム:75mL。その日の気分で増えたりします。

・無塩バター:5g程度。その日の気分で増えます。基本的に増えるだけで減らしません。

・塩とかケチャップとか。無添加の良いケチャップを少量使うのがお勧め。SPI(佐野プレミアムイタリアン)さんで購入したものを使っています。SPIさんはFacebookからのみ注文できます。

・フライパン、菜箸、木べらなどを準備。

<手順>

・卵を溶く:しっかり溶く。泡立てない。面倒な私は菜箸で混ぜます。菜箸ではボウルの底から浮かせないように動かすと泡立ちが抑えられます。

・生クリームを追加して混ぜる:元レシピではここで塩も少量投入です。ですがケチャップ派な私は、塩を入れない事をお勧め。

・フライパンに無塩バターを入れて中火で熱する。

・焼く:混ぜた卵と生クリームを投入。

・周囲が固まったり、ふつふつしてくるまで30秒程度待つ。

・木べらで寄せる。とか言いつつ、くるっと丸めてオムレツ風にしてしまう毎日。

・完成!




前は上記のようなラインナップで朝食をしっかり摂っていました。
最近は朝はコーヒー、昼なし、夜は肉とワインな感じです。
もちろん絶対に1日1食的なこだわりはありませんので、空腹感が強ければ適宜食べています。



内容説明を一応。



左上の部分その1

もやしの白だし・クレイジーソルト炒め。

もやし1袋を水切り。
フライパンにオリーブオイル少々。
もやしをフライパンにのせる。
白だしを大さじ1杯かける。
クレイジーソルトを適当に振る。
強火で炒める。終始強火。
水気が飛んだら完成。



左上の部分その2

アスパラ炒め

アスパラは太さなどが色々ありますので、食べたいだけ炒めてください。

ピーラーで適当に皮をとって、2つに切る。
フライパンにオリーブオイルを少々。
アスパラを投入して炒める。
これもやはり終始強火。
最後にクレイジーソルト・ブラックペッパーを適当にふって完成。
オリーブオイルではなくバターでも良いかなとか今思いつく。



右上の部分

ツナピーマン

超簡単で超美味しい。ピーマンの処理が面倒な位。

2人前の分量です。

ピーマン3個位の種をとって刻んでおく。好きな切り方でOK。
フライパンにオリーブオイルを投入。
ピーマンを入れて炒める。
やはり終始強火。強火ばっかり。

ピーマンのサイズが明らかに小さくなるくらいまで入念に火を通すのが私流。
もちろん、好みの火の通り具合でいいです。

がっつりピーマンに火が通ったらツナ缶1つ投入。油も丸っと投入。
ツナにも何となく火が通ったら、醤油大さじ1杯投入。
醤油を入れると超焦げます。煙出るので醤油投入前に換気扇はパワーアップがお勧め。
すぐに火を止めて盛り付け。
簡単なのにかなり美味しい。リピート確実。



ツナがないよ!っていう時に

ピーマンの牡蠣醤油炒め

ピーマンを牡蠣醤油で炒めるだけ、というシンプルな料理。
ピーマンの処理に時間がかかるくらいです。

ツナピーマンよりは腹持ちしませんので量は調節してくだい。

一応、二人分ですと、ピーマン3〜5個です。
ピーマンも大きさが色々あります。

これも切り方は好きな切り方でOKです。
太くても、細くてもOKです。

フライパンにオリーブオイルを投入。
ピーマンを入れて炒める。
やはり終始強火。強火ばっかり。

ピーマンのサイズが明らかに小さくなるくらいまで入念に火を通すのが私流。
とはいえ、やはり、好みの火の通り具合でいいです。

ここで牡蠣醤油を投入。混ぜます。
やはり牡蠣醤油の方が、普通の醤油よりダシが効いていて良い味になります。
焦げまくるのですぐ火を止めて、完成

これまた、おいしいですよ。
飽きません。火をしっかり通せば、ピーマン苦手な方もイケるかも。


下の部分
トマトはたまたま売っていた変わった感じのトマト。
そしてビルズ風のスクランブルエッグだったもの。



以上、ビルズ風卵料理ほか、でした。





0 件のコメント:

コメントを投稿