はじめに

最初に「当ブログの注意点」をよく御覧ください。
アメブロもあります。「医師水野のアメブロ」

2015年6月15日月曜日

湿潤療法について

今回は湿潤療法について。



夏井睦先生が提唱し、確立させた治療方法です。
当然ながら、本家の夏井先生のサイトが一番詳細に載っています。
実際の症例も豊富に載せてありますので、どのように治療するか分かりやすいと思います。

夏井睦先生のサイト
新しい創傷治療、「消毒とガーゼ」の撲滅を目指して

このサイトの「湿潤療法とは?」に,、湿潤療法について分かりやすく説明されています。




湿潤療法は、熱傷、外傷、褥瘡などに対して施行されます。

それまでは、消毒してガーゼで保護する方法しかありませんでした。

傷は治りませんし、痛みはありますし、ガーゼが張り付いて剥がすとまた出血したりします。


湿潤療法ではそれがありません

消毒もガーゼもいりません

痛みもありません



私はこの方法を医学生の頃に知りました。
なんて画期的なんだろうと思いましたが、周囲には広まっていませんでした。
消毒してガーゼして、治らず、植皮がなされていました。
日本全体その状態でした。


そして、友愛病院に来て湿潤療法を開始し、褥瘡が治るのを実感しました。

今では、ほとんどの褥瘡が治っていきます。

また、外来でも外傷や熱傷で湿潤療法を施行しています。

驚くほどなおります。

他院でイソジンや、ゲーベンや、カデックスなどで治らなかった方があっさり治っていきます。

今では他県からネットを見ていらっしゃったり、大病院の皮膚科などから治らないし痛いので「逃げて」こられる患者さんもいらっしゃいます。

今後も湿潤療法で治療を継続していきます。




0 件のコメント:

コメントを投稿