はじめに

最初に「当ブログの注意点」をよく御覧ください。
アメブロもあります。「医師水野のアメブロ」

2015年6月30日火曜日

先に与える

大分恒例となってきました「考え方シリーズ」です。


今回は「先に与える」事について。





有名な言葉があります。
「求めよ、さらば与えられん」

これは元の意味から離れて色々と誤解釈されている言葉です。

正確な意味を調べたい方はGoogle先生にっ!



その誤解釈の中で最もひどい誤解釈として有名なのは
「求めたら、欲しいものが与えてもらえる」
です。


この誤解釈は、まさに現実とは真逆です。



現実はどうでしょうか?

求めるだけで与えられるわけがありません。


しかし、この点を誤解している方は非常に多いです。






またちょっと別でこういう事もよくあります。



医師はもともと助けたいと思っている人なので割と相談等には乗るタイプが多いです。

私もバンバン相談に乗ります。

まぁ、検査を無料でする、なんてことはありません。






では、何故そうしているのでしょうか?

相談に乗っても時間がとられるだけではないのでしょうか。

忙しいのにさらに忙しくなるのではないでしょうか。






私がこうする理由は簡単です。






なぜなら、現実は

「与えよ、さらば与えられん」

だからです。



Facebookなどでも医師です、と言っていますので、よく質問されます。
ガンガン答えます。
質問されてなくても、答えにいきます(笑)



もちろん、分からない事は分からないと言いますし、
病気の事だったら診察したり検査をしないと分からない事がほとんどです。

でも、答えられるだけは答えます。




そして、ご存知のように世間の大部分の人はあまり先に与えません。

なぜでしょうか?

それは与えると、自分の分がなくなる・減ると思うからです。

与えると貧しくなるという恐れがあるからです。




しかし、実際は違います。


答えようとすると自分も勉強しないといけません。

教えようとすると、あやふやなままでは教えられません。
ちょっときちんとするか、と学びます。

相手からの反応からも学べます。
「助かりました!」とかならバッチリ。
イマイチな感じの場合は、次回はどうしたらもっと上手くできるか、考えます。
そして学べます。



できる人ほど、豊かな人ほど

先に与える

これをしています。



Give and Takeとよくいいますが、

Give and Give

が豊かになる秘訣なのです。


打算で与えた場合は、何も返ってきません。
ただ、与えるのです。

どれだけ社会に貢献できるかで、かえってくるものも変わります。


例えば大金持ちになりたいのなら、できるだけ多くの人に貢献すれば良いのです。



まず、与えましょう。
これによる恩恵は凄いものがあります。


最近、実感しています。







0 件のコメント:

コメントを投稿