はじめに

最初に「当ブログの注意点」をよく御覧ください。
アメブロもあります。「医師水野のアメブロ」

2015年6月26日金曜日

マンガになりました!

先日、ついにマンガに出演致しました!

これだけだと
「何言っちゃってるの? この人、またおかしい事言い出したヨ! あ、平常運転か。」
と、残念な目で見られそうですが、大丈夫です。大丈夫なハズです。

さて、マンガに出演致しました。
自分でもびっくり嬉しい限りです。




私の尊敬してやまない、心の師匠である夏井先生の本があります。

炭水化物は人類を滅ぼす

ある日、この本を読み出したら止まりませんでした。
そして、一気に読みきって、その日からすぐに糖質制限を始めました。

湿潤療法と同じく、「私の人生」と「医師としての治療方針」をともにガラッと変えてくれた1冊です。

偉大な1冊です。
ものの見方が、ゴッソリ変わりました。


そして、なんと!

この本をマンガ化した方がいらっしゃいます。

「おちゃずけ」さんです。「づ」でなく「ず」です。
(私もさりげなく間違っていました、滝汗)

マンガ『炭水化物が人類を滅ぼす』 最終ダイエット「糖質制限」が女性を救う!


当初は「あの名著をマンガ化?!文字で充分じゃない?まぁ、表紙も良さそうだし、導入にはいいのかもね・・・」とか、さめた感じの思いもよぎりました。


しかし、夏井先生も認めた本だから一応見ておくか、という事で読み出した所、とても良い!

なるほど、マンガ化とはこういうものか、プロの仕事とは流石だ、と一人で勝手に感心していました。



一流とは?


人前で話す方法


この講演の時に一流のプレゼンは相手の行動を変え、熱狂的ファンを生み出すと言いました。

そして「他の人に言いたくなる、広めたくなる」と言いました。
すごく良いと感じるので、言わずにいられなくなるのです、と。
一流のプレゼンに共通する事です。

まさにマンガでも同じでした

おちゃずけさんのマンガもこれを地でいっておられました。
大変凄いと思いました。


おちゃずけさんのマンガは独自の「やさしい」感じがして、ご本人の人の良さが伝わる感じがします。

読後感が「あたたかな気持ちになる」や「前向きな気持ちになる」というものです。
また、それに至る苦労も忍ばれ、素直に心に入ってきます。
とても素敵です。
本当に「マンガ化するとは、こういう事か」と思いました。


という事で、只今絶賛、おちゃずけさんのマンガを広めたくなっております。



そんなおちゃずけさんより、ある日、連絡を頂きました。
「ブログの記事をマンガ化させてください」



即OKです。
選択肢は「はい」か「Yes」か「もちろん」の3つでした。
とりあえず反射的に「もちろん」を選びました。



そしてトントン拍子で話は進み、あっという間にマンガ化されました。



「何かあったらドンドン言ってください、直します」的な事をおっしゃって頂きましたが、何も直すような事もありませんでした。

そして、仕事はやい。
デキる人は、本当に仕事はやい。もちろん内容も良い。
凄いです。



少し前まで、「夏井先生、マンガ化までされるなんてすごいな〜、さすがだな〜」とか思っていました。

気づいたら私も同じ漫画家さんにマンガ化して頂きました。
二重、三重に光栄です。
ありがとうございます。



という事で

引っ張りに引っ張った、おちゃずけさんのブログです!

(やっとか!)


糖質制限で何故か「食後も満たされない」人へ




勢いに任せて、ほんとうに勢いだけに任せて書いているこのブログから、よくこんな素敵なマンガが作れるな、と感動しました。

ありがたや、ありがたや。


なお、おちゃずけさんの上記、夏井先生本のマンガ化したものは病院の待合室に置いて、さらに売るようにしました。



良いものは、良い。

何か良いものに出会うと心の底からそう思います。

おちゃずけさん、ありがとうございます。





2 件のコメント:

  1. おちゃずけ2015年6月26日 8:28

    水野先生、おちゃずけです。ご紹介と、そして何より過分なお褒めの言葉ありがとうございます。
    私こそ、先生の情熱と勇気に心を打たれ、厚かましいお願いをしてしまいました。
    これからも、一人でも多くに人に、水野先生のブログを読んでもらい
    安心して糖質制限に挑戦してもらいたいです。

    返信削除
  2. ありがとうございます!
    見返すたびに、ニヤニヤしたり、感心したりしております。

    返信削除