はじめに

最初に「当ブログの注意点」をよく御覧ください。
アメブロもあります。「医師水野のアメブロ」

2015年6月26日金曜日

今に集中!医療安全2

医療安全について、後編です。

こちらはかなり本気です。



今度は、一気にギアを入れ替えます。


相当本気です。

プレゼンの目的は以前、お話した通り
相手の行動を変える事
です。


そのプレゼンの目的について語った伝説の講演はコチラ(自分で言っちゃった)




今回のプレゼンは、何が目的なのでしょうか?

もっと集中力、欲しくないですか?
ストレス減らしたくないですか?
今までなかったようなアイデア、欲しくないですか?


そう、その方法について、です。
医療安全にも活かせます。


皆さんの行動をより良く変えたいのです。


不平、不満、イラツキ、不安、焦り
これらと決別する時が来ました



医療安全で言えば、ミスを根本から減らす方法です。



聞いていた職員は「何事!?」的な感じでしたでしょう。
「これ医療安全じゃなかったっけ?」的な気持ちもよぎったでしょう。


でも大丈夫です。
ウチの職員は私の奇行には慣れっこです。流石です。


では、後編、ご覧ください。







その画期的な方法とは「流動的思考」です。



流動的思考とは?


どんな人でもミスをしやすい時というのはあります。

焦っている時
不安なとき
イライラする時

これらの状況ではミスが増えます。

精神状態が非常に関係します。



逆にミスを減らすにはどうすれば良いのでしょうか?


常に冷静さを保てば良いのです。
心の状態を健全に保てば良いのです。

ついでにストレスも減ります。

その方法はどんな方法でしょうか?

シンプルです。

今に集中する

というものです。



ベストを尽くす時とは?


人がベストなパフォーマンスを発揮する時とはどういう時でしょうか?

それは「今に集中している時」です。


スポーツの試合でベストなパフォーマンスを発揮している時は「今に集中している時」です。

試合中に関係ない事を考えていては、勝てません。

手術中に手術と関係ない事を考えていて、万全な手術ができるハズがありません。

「今に集中する」という事が大切です




過去にとらわれない?


今に集中」するという事は、過去にとらわれないという事です。

腹立たしい事があった場合に「ムカっ」とくる事は仕方がありません。

心の反射ですので、これは仕方がない。

しかし、その後にその事ばかりを考え続けて自分の時間を止めてしまうか、気持ちを切り替えて前に進むか、それは自分次第です。


ずっと腹立たしい、許せない、と考え続けるという事は自分の時間を止めてしまう事です。
前に進めません。
また怒りは自分の身を焦がします
怒りは、強いエネルギーを生みますが、それは炎と同じで周りのものを全て燃やします。自分自身も、自分の周りの大切な人の身も焦がしてしまうのです。

ネガティブな気持ちは、ネガティブな事を引き寄せます
いつも不満気な人は、さらなる不満を引き寄せるのです。
そこから離れましょう



考えているのは自分です。

それを思い起こしましょう。

過去に起こった事は、もう過ぎた事です。
今起こっている事ではありません

考えにとらわれるいるのです。
何を考えるかのコントロールを失っているのです。

これは、自分の考えを自分でコントロールする、という事です。

腹が立ってしょうがない、というのは自分のコントロールを失っているという状態です。



さぁ、今です!コントロールを取り戻しましょう。


考えにとらわれるのはやめましょう

自分の考えは自分で決めるのです。


飛行機でも揺れたとしても、機長がしっかり機体をコントロールできていれば安全な状態です。
しかし、機長がパニックを起こしていたらコントロールを失っています。危険なのです。

コントロールを取り戻しましょう。


どうやって、自分の考えをコントロールするか?

イラッときた、
他人の事が気になる、
大変だ、
疲れた、
忙しくて仕方がない、
これらの事を考えている時は、すでにコントロールを失いかけています

今に集中し直すのです。

「いかんいかん、考えを切り替えよう」
と、前向きな事を考えましょう。

またネガティブな事を考えても、その度に今に集中し直しましょう。



他人の事が気になる? だから?
今の自分は問題ない状態でしょう。


大変ですか?
では今に集中して、ベストなパフォーマンスで仕事を片付けましょう。
グチっぽくなっていても、何も改善しません。
やるべき事は、グチっていても減りません。
時間が経つだけです。
今に集中して、さっと片付けるのが最良です。


疲れた?
休みましょう。
今に集中して、今の目の前の事をさっと片付けて、休みましょう。



今に集中するのです。
気持ちを切り替えるのです。


これにより常に冷静でいられます。
心の健全さを保てます。

ついでにストレスも大幅に減らせます


アレコレと不必要な事を考えるのをやめれば、ストレスは大幅に減ります
心がずっと自由になります。
自分で自分に付けていた足かせが外れます
身軽になるのです。



未来についても思い悩まない

「今に集中」する、という事は、未来についても思い悩まない、という事です。

不安、焦り、そういうネガティブな気持ちに支配されている時に、先々の事を考えてもロクな案はでません。

ああなったらどうしよう?
こうなったらどうしよう?
などと考え、どんどん負のスパイラルにハマるだけです。

今に集中しましょう。

心が落ち着いてから、健全な状態になってから考えれば良いのです。

あなたの今はどうですか?


ネガティブ・モードの時に考えた色々な状態は、まだ起きていません。

自分で自分の不安を煽るのはやめましょう。

今に集中して、ベストを尽くすのです。

そうすれば、ベストの未来が向こうからやってきます。

不安などは足枷にしかなりません

自分の考えで自分や周囲をしばっています。

考えにとらわれるのはやめましょう。



人生は今の連続


人間が何かできるのは「今」しかありません。


過去の事はもう起こってしまっています。
今から過去を変えられません。
考えても仕方がない事は、いったん忘れましょう。
今に集中して、自分の時間を前に進めましょう。


未来の事はまだ起こっていません。
直接未来を変えられません。
今の自分の今の頑張りこそが、良い未来につながります

今に集中してベストを尽くしましょう。
良い未来につなげるのです。
今にベストを尽くして、ベストな将来を実現させましょう。




問題解決にも使えます。


無意識が答えを出してくれます。



どういう事なのでしょうか?

夜、問題について考えたら、朝起きた時に答えが閃いた、こんな事をよく聞いた事はありませんか?

色々考えた後に、気分転換にシャワーを浴びたら、よい案が浮かんだ。こんな事はなかったでしょうか?



そう、流動的思考を問題解決に使う、というのは、

閃きを意図的に起こす方法

です。



では、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

本気で死守せよ。手放すときは軽く手放せ


これがキーワードです。


最初に一生懸命、取り組む。
これは通常と同じです。
本気で取り組むのです。

色々調べたり、人に聞いたり、一生懸命考えます。

そして、その後は、一旦考えを手放します。
あえて考えないのです


そうするとどうなるでしょうか?

無意識が勝手に答えをだしてくれます。

違う事をしていても、ふと答えが浮かぶのです。

イマイチな答えの場合は忘れます。

そしてまた違う事をしていると、そのうち「コレだ!!」という答えが自然に浮かぶのです。


考えないと問題の解決方法なんて、浮かばない、と思う方も多いでしょう。
その不安さえも忘れましょう。
今に集中し直しましょう



そうやって今に集中してベストを尽くしていると、答えは浮かぶのです。





人は常に考えている


問題という石を無意識という水面になげかけると、波紋が広がるように、無意識が考え始めてくれます

そして答えがでます。
それほどに人は常に考えているのです。

私達の意識がするのは「最初に一生懸命とりくむ」事だけです。
あとは無意識に任せましょう。

通常の意識では考えられなかった事同士がつながり、斬新な答えが出たりします。

思いも寄らなかった素晴らしい発想が生まれます。

人間本来が持つ考える力を信じましょう。





他にコチラも参考になるかと思います。

ストレス対策


引き算の考え方




以上、医療安全の講演、後編「今に集中する」、でした。







1 件のコメント:

  1. 2015年6月29日、
    医療安全の講演、後半で話した
    「今に集中」
    のページを大幅に更新しました。

    かなり本気です。
    人生変わります。
    ずっと気が楽になります。

    返信削除