はじめに

最初に「当ブログの注意点」をよく御覧ください。
アメブロもあります。「医師水野のアメブロ」

2016年6月1日水曜日

簡単!糖質制限導入編

今回は

「まず簡単に糖質制限の方法を教えて!」

という場合への回答セットです。
ここのリンクを貼っておけば1発OKな感じで書いています。




興味があるけど、やり方が分からない。
ネットで見ても色々出てきすぎて分からない。
などという場合に参考になると思います。



ステップ1:ざっと把握。

まずはコレをどうぞ。
一番短く簡単です
要点を3つに絞っています。簡単。

ざっと見るには、まずはコレです。

蛋白脂質食(糖質制限食)の3原則と、食事表
http://www.mizuno.tokyo/2015/06/blog-post_30.html


A4説明書の裏の食べ物リストは、冷蔵庫に貼ってあるという方も多いです。
ペラっと1枚なので配るのにも便利。





ステップ2:なぜ自分は糖質制限するか?

何となくやり方が分かったかと思います。
「糖質の量」自体がまず問題で、それを控えよう、という事です。

でも「どうやって(How)」を知っても「なぜ自分は糖質制限をしたいか(Why)」がハッキリしていないと、現代の糖質まみれの世界では糖質制限が続けづらい、という側面があります。

人が何かをするには、明確な理由が必要なのです。
手段だけあっても、しないのが人間です。
手段よりも理由が大切です


では、どうして自分は糖質制限をするか(Why)を強化するのがステップ2です。

講演の動画を見るとテンションが上がります。

糖質を摂るという事で何が起こるか、非常によく分かります。
そして糖質を控えようというモチベーションとなります。
糖質制限をする理由(Why)が強化されます。


講演まとめページ






ステップ3:さぁ今からやるぞ!

糖質制限をする場合には「ゴール」を決めます。
そして実際のやり方も、その「ゴール」によって全然違ってきます。
目的によって変わるのです。

という事で目的別の糖質制限の方法について見ます。

糖質制限で何を?目的について。



またパターン別も載せました。
実際の糖質制限で気をつけるポイントがそれぞれ違います。

糖質制限、パターン別方法



ちなみに「明日から本気出す」は失敗フラグです。
「今からやるぞ」が成功の第1歩です。
すぐできるのです。
特別な下準備は何もいりません。
今から始めましょう!


とはいえ、糖質制限してはいけない方もいます。
ご注意を。

糖質制限、禁忌と注意






またFacebookをしている方なら下記グループもお勧めです。
素敵な仲間に出会えるかも?!



糖質オフ入門

初心者と、そのサポートをしたい、という方向けのグループ。



糖質オフ・批判オフ

こちらは適当人間の私が管理人をしている公開グループです。
ですので、きちんとした管理を期待してはいけません(笑)
なお、類似の名前のグループがありますが、このグループとは無関係です。



糖質制限質問所

同じく私が管理人をしている「質問専門グループ」です。
質問以外は容赦なく削除されます、ご注意!
(よろしくお願いしますの挨拶含む)
また、質問をする所ですので、「回答がきたらいいな〜」くらいの感じでご利用ください。
回答保証ゼロです!(笑)



ビタミン・ケトン療法
癌などに対して、
ビタミン(ミネラル)、
ケトン体を使って治療する治療法に関するグループです。






もし、糖尿病で通院・内服中なら?

今かかっている医師が、糖質制限に理解がある医師ならそのまま通院しましょう。

でも糖質制限に理解がなかったら、どうでしょうか?

私は転医を勧めます。

医師と議論しても、糖質制限を理解してくれる事はまずありません。


なぜ理解してくれないか?は、
引き算の考え方を参照ください。





では、どこに行ったら良いでしょうか?

コチラを参照してください。

病院どこ行く?





そういう病院なら素晴らしい治療結果があるかもしれません。

たとえば、この治療結果をご参照ください。

過去の治療結果








さらなる理解

そう、あとは本を読みましょう。
今の時代、ネットでもいいじゃない、と思うかもしれませんが、情報量が違います。
マスターするには本です。

私の外来でも結構な方が「糖質制限しています!」といいながら、糖質をバッチリ食べています。本を読みましょう。



なお、私の糖質制限始めての本は夏井先生の「炭水化物は人類を滅ぼす」でした。

Amazon、炭水化物は人類を滅ぼす


読んだその日から「コメ食べるのやめるわ」となりました。




夏井先生にはホームページもあります。

新しい創傷治癒




そして今なら、なんと漫画版もあります!!

私もマンガ、大好きです。
最初の1冊に超お勧めです。

Amazon、マンガ「炭水化物は人類を滅ぼす」




そして、尊敬する宗田先生より、対をなす本が!

Amazon、ケトン体が人類を救う

こちらも素晴らしい本です。
Kindle版も2015年12月18日から利用できます。



宗田哲夫先生は個人ページも開設されました。

Web宗田哲夫




また江部先生にはブログもありますので、非常に勉強になります。


江部先生のブログ

ドクター江部の糖尿病徒然日記





では基本となる本の紹介です。
ピンと来た本から読み始めましょう。

江部先生の本
Google検索、「江部 糖質制限 本」

夏井先生の本
Google検索、「夏井 糖質制限 本」

この2人の大先生の本が、やはり基本です。








でも、ネットとか噂とかテレビでよく「糖質制限は危ない」ってやってるけど?

そういう方に最適な一冊を江部先生が出してくれています。
さすが江部先生。
タイトルも分かりやすくストレートです。

江部先生、「糖質制限は危ない」って本当ですか?


これでバッチリです。


私も絶賛、糖質制限中です。
本当に体調が良いです。
私も、昔のままMaxメタボだったら非常に危なかったです。
糖尿病もカウントダウンが始まっていました。

今では無事に脱メタボできました。
江部先生、夏井先生、本当にありがとうございます。



以上、簡単!糖質制限導入編でした。




1 件のコメント:

  1. はじめまして。

    スタバの「水野スペシャル」というのをよそで拝見し、
    昨日より、過去ログも含めて拝読させていただいています。
    どの記事も大変分かりやすくて読みやすく、勝手に嬉しくなっております(^^)

    不躾ながら、夫の健康状態についてお聞きしたいのですが、
    3年半ほど前から糖質制限、今年1月からMEC食を、夫婦ともに実施していますが、
    8月の人間ドックで、夫の高血圧、頸動脈プラーク、眼底出血が発覚しました。

    糖質制限を始めたのは減量と、夫の境界型糖尿病?がきっかけで、
    スタートからするすると改善していたのですが、
    植物性タンパク質と野菜中心の自己流糖質制限だったため、
    (最初に出会っていたのが先生が提唱されている「蛋白脂質食」という名称だったらよかった…)
    今年1月よりMECに切り替えました。

    「中性脂肪を下げる」というエントリーも拝見しましたが、
    今のままの高タンパク高脂質の食事を続けていくべきか、
    脂質を抑えて野菜を増やすべきか、
    今までの食事内容に、実は隠れ糖質が潜んでいたのか、
    など、いろいろ悩んでいます。

    ちなみに、ほぼ3食同じものを食べている私は、
    ドック受診はまだですが、血圧・血糖値(自己測定)とも問題ありません。

    お忙しいところ申し訳ありませんが、
    先生のご意見をお聞かせいただけるとうれしいです。
    よろしくお願い致します。



    PS:
    3原則のPDF、感動的なわかりやすさです!
    食事法は私に丸投げな夫のために、
    印刷してリビングの目立つ場所に貼らせていただきます(^^)
    ありがとうございます!

    返信削除