はじめに

最初に「当ブログの注意点」をよく御覧ください。

2016年6月26日日曜日

糖質オフで髪の毛が?

今回は、
糖質オフで髪の毛が抜けた?!
という場合について。









女性の場合は、
食べてるつもりでも量が少ない
場合が圧倒的に多いです。




蛋白質で言えば、
1日に
肉200g、
卵3個、
チーズ120g
以上を取ると良い、という事です。



このような場合、採血すると低T3症候群だったりします。
これは冬眠前のクマと同じく、省エネ状態です。
髪の毛も抜けます。

「体が冷えるのはナゼ?」






また、鉄不足も半数以上の方に見られます。ほんとに多いです。
鉄欠乏による薄毛は非常によくある症状です。

「フェリチンって?」





そして、シャンプーなどはむしろ逆効果です。

「皮膚のトラブル」







つまり、以上をまとめると
動物性蛋白質をしっかり摂って
鉄分もしっかり摂って
シャンプーなどで皮膚を荒らさずに
しておけば、良いという事です。


もちろん、他の原因がある場合もあります。



以上、糖質オフで髪の毛が抜ける、という事についてでした。




コレステロールが高い!

今回は「コレステロールあるある」とも言える事について。

会社でコレステロールが高いと言われた!
という時にどうするか?です。








LDLコレステロール自体について
ざっくりまとめたのは、コチラの記事です。


LDLコレステロールについて




コレステロールに関する動画も参考になります。
(文字にもなっているので時間がない場合は読んでください)

神戸講演会「第1部、コレステロール」





ただし、コレステロールの薬が必要な場合もあります。


コレステロールの薬、本当に出さないの?




中性脂肪も関係する事もあるかと思います。
その場合はコチラをご参照ください。

中性脂肪が高い?!





上の記事を見たり読んだりすれば、大体分かりますが、
動脈硬化になぜなるか?や、
動脈硬化しちゃってた場合に自分が気をつける事
コチラを。

動脈硬化の原因





また、上記でもさんざん書いていますが
しっかり検査をする事も大切です。

動脈硬化は検査を。





で、この
会社の健診で〜」
とか
会社の産業医に〜」
はとっても良くあるパターンです。


大体、週イチはそういう方が外来にいらっしゃいます。

いわゆるコレステロール外来ですね。



会社で言われたから、しょうがなく、というパターンです。




そこでする事は。

1.一応もう1回採血
当然、やっぱりコレステロールが高い。



2.動脈硬化の検査

ABI検査

頸動脈エコー検査

をします。


検査の詳細はコチラが参考になります。

動脈硬化は検査を。




糖質制限などがしっかりできていれば、上記の検査で「血管は大丈夫!」という結果が出るので、「今は血管大丈夫だから、薬とかいりません。今後もフォローアップを」という診断書を作成。

上記検査で「血管ヤバイ」となった場合は、EPAなどを処方。
http://www.epa-wiki.com

薬剤名は「イコサペント酸エチル粒状カプセル」(先発品はエパデールS)。

「イワシのアブラ」からEPAを抽出したものです。


ちなみに、同じ成分の「エパデールT」が処方箋なしで薬局で買えるようになっています。
http://www.taisho.co.jp/epadel-t/

市販のサプリにはDHAが入っていますが、DHAは効果がハッキリしていないので、特にお勧めしていません。

それに、
DHAが混ざっているものはEPAの量が少なく、
飲んでいても効果がない状態の事が多い
(=EPA/AA比が低い)
ので要注意です。



しっかり効果がでているかは
EPA/AA比でチェックできます。
動脈硬化とEPA/AA比の関係





3.最後に診断書

大体、診断書が必要になります。

会社や医師も、
「ヤバイかどうか」
「ヤバイなら治療しているかどうか」
という2点を気にしているだけです。

なぜなら社員への管理責任を問われるからです。

仕事中に倒れたりしたときや、
事故などを起こした時に、
病気をほっといた会社に責任がある、
というやつです。


なので、
「やばくない」という診断書
「治療はじめました」という診断書
あれば大丈夫です。



以上、コレステロールが高いと言われたら?でした。




2016年6月17日金曜日

インスリンで眼底出血?!

最近は、DPP4阻害薬使用中、HbA1cが低めなのに眼底出血する症例が話題になっています。これは、高インスリン血症による臓器障害の可能性があります。




(糖尿病による眼底出血の写真、炎のように見える事から「火炎状眼底」と呼ばれる状態)




なぜ眼底出血するのでしょうか?


一般的な眼科では「血管が詰まるため新しい血管(新生血管)が生えて、そこから出血する」と説明されます。つまり糖尿病で血管が詰まるのが原因、という説明です。



糖尿病以外にも網膜の血管が詰まる病気はいくつもあります

しかし、この「新生血管」という「出血しやすい異常な血管」が特徴的に生えてくる病気は糖尿病だけです。





違いはどこにあるのでしょうか?


またインスリン・オフ療法に治療を切り替えると眼底出血はほとんど起きません。糖尿病性網膜症自体も改善してきます。血糖値が高くても、インスリン・オフ療法では眼底の状態が改善してきます。

インスリン・オフ療法




これは「血管が詰まる」から「眼底出血する」では説明できません




違いは「インスリン」です。

インスリンには細胞を増やす作用があります。

癌と糖質制限




インスリンは癌だけでなく、他の細胞も増やします。

それが網膜の血管の細胞だったら?


異常に増えた網膜の血管ができてしまいます。これが新生血管です。


そして、インスリンによって無理に増えた異常な血管のため、壁がもろく、すぐに出血してしまいます。


糖尿病性網膜症は、高インスリン血症によって進む可能性がかなり高いのです。

逆に、高血糖でもインスリン・オフ療法によって改善する例をみると、高血糖自体よりも高インスリン血症の影響の方が大きいかもしれません。



またHbA1cが低めでも尿蛋白が出続ける場合なども、高インスリン血症による臓器障害の可能性があります。インスリンによって腎臓が障害される、という事です。



ちなみに、DPP4阻害薬などの投稿にも同じ内容を記載しています。
DPP4阻害薬など


以上、インスリンで眼底出血?!、でした。





2016年6月11日土曜日

フェリチンって?

鉄関連、再び、です。
今回は鉄について掘り下げます。


関連するページ
「鉄欠乏について」





<一般的な現状> 


現代の日本の医療機関では、貧血さえなければ鉄は測りません。(保険適応の関係もあります)

また、「貧血のない鉄不足」でも症状が出る、という事は思ったこともない医療関係者がほとんどです。

逆に言えば、貧血があって初めて血清鉄を測ります。
その時でも血清鉄のみ測定し、フェリチンは測らない、なんていうのもザラにあります。 


<鉄不足の症状って?>

鉄不足の症状は、色々あります。
豊富な症例を経験している藤川先生が症状を挙げてくださっています。
私がアレコレ変えるよりこのままが伝わりやすいかと思います。


===以下、藤川先生の挙げてくださった症状の抜粋===
「いらいらしやすい、集中力低下」
「神経過敏、些細なことが気になる」
立ちくらみ、めまい、耳鳴り
偏頭痛
疲れ、節々の痛み(関節、、筋肉)、腰痛
喉の違和感(喉が詰まる)
冷え性
朝なかなか起きられない
出血(アザ)
コラーゲン劣化(肌、髪、爪、シミ)、ニキビ、肌荒れ
不妊
レストレスレッグス症候群(むずむず足症候群、RLS)
氷を食べる~これは非常に多い!
土を食べる
===以上、抜粋===

このように、鉄不足は弊害しかありません。



他にも
・癌になりやすい
・やせにくい、糖質オフしてもやせない
・炭水化物、甘いものが無性に欲しくなる
などの場合もあります。




鉄不足を解消することで、
やせはじめたり、
糖質オフが上手くいくようになる事があります。








では、鉄不足はどうやって判断するのでしょうか?

採血で判断します。

血算(血色素数=ヘモグロビン)、血清鉄、フェリチン、TIBC、CRPなどを測定します。




ここで、特に重要なフェリチンについて説明します。


<フェリチンについて>

血清鉄は分かりやすと思います。
血液中にある鉄です。
すぐ使える状態になっています。

一方、フェリチンは「貯蔵鉄」と呼ばれています。
鉄は大切なのでフェリチンという形にして蓄えています。


では、血液中のフェリチンが高ければ鉄の蓄えはしっかりある、と考えて良いのでしょうか?

答えはNOです。



フェリチンが高くても実は鉄の蓄えがない、なんていう時があります。





<鉄不足が心配!測って!>

前に書いた


をご参照ください。

5項目
・血算
・血清鉄(Fe)
・TIBC
・フェリチン
・CRP


をセットで測ってもらうと良いです。




<フェリチンが高くても鉄不足?!>


フェリチンは炎症や癌があると、炎症や癌で壊れた細胞の中から血液中に出てきて、実際は鉄不足なのに血液中のフェリチンの値だけ上昇します。 

フェリチンについてよく知らない医師だと、炎症や癌でのフェリチン値上昇でも「鉄が多すぎる」と判断してしまいます。 

ただし、癌でフェリチンが上がる場合は、癌がある程度大きいか、転移したりして広がっている場合です。 
初期の癌のような小さい癌では、フェリチンはあまり上がりません。 



鉄の蓄えが本当にあるかどうかは、
他の項目も同時に測ると判断の助けとなります。


血清鉄が低くないか、
TIBCまたはUIBCが増えてないか、
CRPが高くないか、
で判断します。 




<フェリチン高値の時の鉄欠乏について>


フェリチンが高くても鉄欠乏があるのは下記のような場合です。

・CRPが高い(=炎症アリ)
・血清鉄が低い
・TIBCまたはUIBCが高い

なお、TIBCとUIBCは、保険診療では、どちらか一方しか同時には測れません。 



TIBCとUIBCは、鉄を運ぶ蛋白質の能力を見るものです。

TIBCやUIBCが上がる時は鉄が足りなくて、それを何とかカバーしようと鉄を運ぶ蛋白質だけでも増やしている状態です。なので数値が高ければ鉄欠乏があります。 


CRPが高いときも上記の通り、炎症があるためフェリチンは増えます。この場合は、フェリチンは鉄欠乏かどうかの判断に全く関係なくなってしまいます。 
なので、血清鉄や、TIBCまたはUIBCで、鉄欠乏を判断します。 






<鉄欠乏があった場合は?>

鉄不足があった場合に、鉄を補充する以外にもすることがあります。


鉄欠乏がある場合は、何らかの原因があります。

・体内に入るのが少ない
・体内から出て行ってしまう

の2パターンです。



体内に入るのが少ない、というのは菜食の方などです。



体内から出て行ってしまうのは
体調に問題がない人であれば
胃腸からの場合が多いです。

大雑把に言えば、このような病気です。
胃の病気:胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌など
腸の病気:大腸ポリープ、大腸癌、大腸憩室など

ですので、
鉄欠乏が見つかった場合、
必ず便潜血検査を受けるのがお勧めです。




また女性の場合は、別な可能性もあります。
・生理の出血が多い
・子宮筋腫がある
などの場合です。


鉄欠乏が見つかった女性の皆様は
ぜひ婦人科で診てもらいましょう。




ちなみに子宮ガン検診と言った場合は「子宮頸がん検診」を指す事がほとんどです。

この場合、子宮の下の方のみの検査で、子宮筋腫があるかはチェックされません。

子宮体がん検診を受けた、という場合は子宮筋腫もチェックされます。





<鉄剤の保険適用について>

さて、薬を医療保険を使って処方するには「保険適用」というものがあります。

鉄剤の保険適用は、すべて「鉄欠乏性貧血」です。 

貧血がない時点で、鉄剤の保険適用での処方はできません。

なので、自費=自由診療=「薬代は3割負担ではなく10割負担」、ということになります。 

とはいえ、鉄剤は一錠、9.7円とかなので、1ヶ月分でも、300円しかしません。
フェルムという鉄剤であれば、1日1カプセルが基本の飲み方です。 

鉄剤は種類が色々ありますが、お勧めは胃腸障害がダントツに少ない、フェルムカプセルです。 




<どのくらいの量の鉄剤を飲むか?>

出血がある場合、鉄剤を飲んでもフェリチンが上がらないことが良くあります。 

藤川先生の症例報告が分かりやすいです。

なので、フェルム内服して、1〜3ヶ月後に採血してフェリチンをまた測ってもらい、増えてない場合は、1日2カプセルに増やしてもらうと良いです。 
私の外来で、多い人は1日3カプセルの人もいます。 




<どのくらいの期間、鉄剤を飲むか?>

出血が続く限り鉄剤が必要になる場合が多いです。 
フェリチンが100以上になるのが目標です。 
100を超えて鉄剤をやめると、また下がる人が多いため、下がった場合は鉄剤を再開します。 
内服の鉄剤では、ほとんど鉄が過剰になることはありません。 
鉄剤は胃がムカムカする、という副作用が多いですが、フェルムならほとんどありません。 
ですので、副作用は気にする必要もありません。 
フェリチンは貯蔵鉄の事です。貯えの鉄分ですので、すぐ上がる血清鉄とは違い、数ヶ月単位でしか変わりません。 
鉄剤の内服は半年~1年単位で考えます。 




<日本のフェリチン基準値の異常>

男性フェリチンの基準値は100~300くらいです。 
しかし、日本では、女性のフェリチンの基準値が何と4~90くらいとなってしまっています。これは、基準値であっても、「健康な数値」ではありません。 
普通っぽい人を集めて95%の人がおさまる範囲を基準値とします。日本では、女性がほとんどの人が鉄不足なので、基準値も不当に低くなっています。 
男性の基準値が、本来の人間の健康的なフェリチンの範囲です。 

欧米ではフェリチン100以下は鉄欠乏とされます。
フェリチンは女性であっても、100以上にするのがお勧めです。



<さらに学びたい方へ>

下の藤川先生の投稿に鉄不足の現状が載っています。 

藤川先生、鉄について基礎的な知識
藤川先生、復習、日本人女性の鉄不足

藤川先生は、facebook上で他にも色々書いていらっしゃいます。
勉強になります。


以上、鉄について、第二弾でした。




2016年6月10日金曜日

反応性低血糖?!

今回は反応性低血糖について。




反応性低血糖(=機能性低血糖)って?!


糖質を含む食事をすると血糖値が上がります。

すると血糖値を下げる「インスリン」というホルモンが膵臓から分泌されます。

それだけなら、通常の反応です。

人類皆同じの反応です。


ですが、人によって、状況によって、
インスリンで血糖値が下がりすぎる場合があります。

これが「反応性低血糖」です。


5時間糖負荷検査や6時間糖負荷検査などもありますが、
簡易的に調べる方法は、糖質を含む食事をした後に
症状が出たら血糖値を測る事です。

その時に血糖値が低ければ反応性低血糖が考えられます。

診断基準自体は色々提唱されています。


反応性低血糖の症状は?

血糖値が下がった時に、低血糖による症状が起きます。

めまい、動悸、頭痛、不安感などです。



反応性低血糖で症状が出た時は?

低血糖の状態なので、症状をとる「だけ」なら、
糖質を摂取すれば血糖値が上がり症状は一時的におさまります。

しかし、糖質を摂取することで、再び血糖値が上がり
インスリンが分泌され・・・と振り出しに戻り、
再び反応性低血糖となる可能性があります。



では、どうしたら?!


根本的には糖質を摂る事で血糖値が急激に上がる事が「引き金」です。

ですので、基本的には糖質を摂らなければ、
急激に血糖値も上がらず、
それに伴うインスリンの過剰分泌も起こらず
低血糖も起きません。


低血糖と聴くと、糖質を摂れば良いと思いがちですが
反応性低血糖では真逆です。




そう、基本的に
「糖質を摂らなければ、反応性低血糖は起きません」




それでも糖質を摂る時は?

普段は糖質を控えていても、
時々は糖質を摂る時があるかもしれません。

そんな時はどうしたら良いのでしょうか?



反応性低血糖の引き金は「急激な血糖値上昇」です。

その後に起こる「過剰なインスリン分泌」自体はコントロールできません。


ですので、糖質を摂った時も
「急激な血糖値上昇」を防げば、
反応性低血糖を防げる可能性があります。



一つは運動です。
血糖値は食事開始から30分で上昇してきます。

このため食事開始開始から30分以内に運動を始めれば
血糖値の急激な上昇を抑えられます。
できるかどうかは、別として・・・。



また糖尿病薬で言えばα-GI(αグルコシダーゼ阻害薬)。
ボグリボースなどがあります。

食事の直前(理想的には5分前)に飲む事で
糖質の吸収をゆるやかにして
急激な血糖値上昇を抑えてくれます。

当然、病院で処方してもらう必要があります。



サプリで何かありませんか?と訊かれれば
豆鼓(トウチ)エキスなどがあります。

これも上のα-GIに近い作用があるとされていますが、
当然、薬よりは弱い作用です。



他には?と言えば
食べ順ダイエットの応用的な感じで
糖質を食べる10分前に野菜を食べておく
という事です。

食べないよりは多少は良いかな、程度の効果が期待できます。





以上、反応性低血糖について、でした。





2016年6月3日金曜日

ブログの注意点

今回は
当ブログの注意点
についてです。



このブログに書いてあることは、
あくまで一般的・一面的な事項です。



きちんとした日本の医師免許を持つ医師(主に内科を診療)が書いた事ではありますが、当然ながら、全ての人・体質・病状については網羅していません。


全ての人の健康状態、体質、病状などは異なります





















このブログで「〜は良くない」、「〜は良い」としていても、
それがそのまま個々人に当てはまるかどうかは分かりません




例えば、糖質制限はほとんどの人に健康をもたらしますが、間違った方法でした場合は健康を損ないます。


また、糖質制限にも禁忌があります。
つまり、「糖質制限をしてはいけない人」がいます。




このように「この方法が良い」という事が、全ての人に当てはまるとは限りません。
むしろ、常に例外はあると考えた方が良いでしょう。

自分にとっては、効果がない、むしろ良くない、という場合もあります。





このブログを見て何かを実践したりされる場合は、あくまで自己責任でお願い致します

健康状態、体質、病状などは千差万別です。



また主治医がいらっしゃる場合は、主治医と良くご相談ください。

糖質制限に詳しい医師にかかりたい、という場合は
コチラを参照ください。
「病院どこ行く?」




また、書いてある事は、書いた当時に
「良いと思ったこと」を書いています。
現在の意見は変わっている可能性がある点についても
ご留意をお願い致します。


「良い事はすぐ取り入れる」
という事は、
「すぐに意見が変わる」
という事でもあります。



以上、当ブログの注意点でした。




2016年6月2日木曜日

SPIさんの目次編!

今回は医療は関係ない系の回です。
このブログの「あるある」ですね。



佐野プレミアムイタリアン


略して、「SPI

佐野プレとも言います。


一言で言うと
Facebookで頼みます、美味しいものが届きます
という事です。

凄いです、とっても凄いんです。

SPIさんの本業は、大口和牛卸(おろし)さんです。
とてもしっかりした所です。安心と信頼です。
そして卸さんは、普通は個人が直接買える所ではありません

が、SPIさんは違うっ!

買えるんです。直接買えるんです。まさに革命的!


という事で、勢い余ってSPIさんに関する投稿が増えてきたので、目次ページを作りました!


こんなお肉もゲットできますよ!



このあと、スタッフ(私)が美味しく頂きました。最高です。



また質問用のFacebookグループ作成しました!

SPI大好き!質問グループ(公認)
https://www.facebook.com/groups/spiqanda/

めでたく公認、頂きました!



あとは、買えたかどうかは
佐野プレミアムイタリアン発送当選者
のグループを見てください。
https://www.facebook.com/groups/1031108150281198/


買ったと思ったら落選していた、そんな事もあります。
必ずチェック!




では、目次です!

その1
肉といえばSPI!

注目の1ページ目!
まずはSPIさんの魅力を勝手に私が語ります。
また簡単なルールについても説明しています。

良いお肉ってお高いんでしょう?という常識が覆ります。




その2
今から始めるSPI!

上の「その1」を書いた後に思いました。
これじゃ買い方わかんない
何度読み直しても、マジわかんない。さっぱり分かんない。

という事で、第二弾。
書きました。一生懸命書きました。
コレで買える!!・・・たぶん!!




その3
SPI、中級編!

奥が深いSPI。その魅力について、またしても勝手に語ります。
どっぷり深みにハマりましょう!
限定レアものゲットについても書いています。





参考になりましたでしょうか。

え?ならない?

そうでしょう、そうでしょう。(ドヤ顔)

・・・アレ?

そんなテイストでお届けしております。うんうん。



以上、SPIさんの目次、でした。